一般社団法人 熊本県放射線技師会

おしらせ

第2回南九州IVR研究会 開催案内

 

謹啓 向秋の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

この度、第2回南九州IVR研究会をリモート開催することになりましたのでご案内申し上げます。

本研究会は血管撮影およびインターベンション(IVR)技術の進歩に対応し、地域医療への貢献および発展に寄与することを目指して立ち上がりました。

今回は、「(医療法改正に伴う)血管造影における線量管理」をテーマとして開催する運びになりました。

ご多忙の事とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

      謹白

代表世話人 宮崎大学医学部附属病院 小味 昌憲

日時:令和3年9月25日(土)15:00~17:30

 

<プログラム>

 

15:00~15:15  富士製薬工業(株) 話題提供

 

15:15~15:40 『被ばく線量管理システム(DOSE MANAGER)の使用経験』

平原 由美(宮崎大学医学部附属病院)

15:40~16:05 『当院の線量管理について -心カテ部門のアプリ活用-』

長友 俊樹(宮崎県立延岡病院)

16:05~16:30 『当院の被ばく管理の運用について』

中村 晋輔(川内市医師会立市民病院)

16:30~16:55 『当院における被ばく線量管理について』

丹羽 慶彰(鹿児島大学病院)

16:55~17:20 『Radimetricsを使用したIVR線量情報管理』

松原 隆敏(熊本大学病院)

【ウェビナー登録リンク】

https://fujipharma.zoom.us/webinar/register/WN_FWf07CHiQPyPUpWn5Syd3A

 

※登録ページに「お名前・メールアドレス・ご施設名」の記入後メールにて登録完了のお知らせが通知されます。会開催時にはウェビナーID・パスコードをご利用下さい。

日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定ポイントを配布致します

南九州IVR研究会ホームページ:http://minami-kyusyu-ivr.kenkyuukai.jp/

 

共催:南九州IVR研究会

富士製薬工業株式会社

第2回南九州IVR研究会案内状(PDF)


お問い合わせ

ページトップ