一般社団法人 熊本県放射線技師会

おしらせ

令和元年11月吉日

第1 回九州核医学コミュニティのご案内


拝啓 初霜の候、皆様方におかれましては、益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。
さて、第1 回九州核医学コミュニティを下記の要領にて開催いたしますので、ご案内申し上げます。
今回は、「患者被ばく線量管理と被ばく低減技術」をテーマに、核医学における被ばく管理および被ばく低減技術の基礎から実践まで、幅広く学ぶことができる内容を企画しました。さらに、特別講
演として、大阪大学院教授 福地一樹先生をお招きし、「心筋シンチグラフィ検査における患者被ばくと従事者被ばく」についてご講演頂きます。
ご多忙とは存じますが、多数のご参加をお願いいたします。

敬具

開催日: 令和2年2月1日
日 時: 14時 ~ 18時 (受付13:30 開始)
会 場: 熊本大学病院 東病棟12階 多目的ホール
    熊本県熊本市中央区本荘1-1-1
参加費: 日本放射線技術学会会員ならびに学生:無料
非会員:500円
ポイント: 核医学専門技師認定研究会として申請中
申込み: 下記の核医学コミュニティHP より申し込みください(当日も可)
http://community.jsrt-kyushu.org/NM/

以上

主催:公益社団法人 日本放射線技術学会九州支部 核医学コミュニティ

第1 回九州核医学コミュニティプログラム

テーマ:「核医学における患者被ばく線量管理と被ばく低減技術」

Ⅰ. ミニシンポジウム「核医学の患者被ばく線量管理の実際」 (14:05-14:40)

座長:四元雄矢(宮崎大学病院)、浅井愛邦(今村総合病院)

1) 「核医学医療被ばく管理の国際フロー(REM-NM)とonti」
株式会社イメージワンヘルスケア事業部 線量管理システム部 夜久英樹
2) 「核医学領域における線量管理システムの構築とその実際」
福岡大学病院放射線部 清水雅司


Ⅱ. シンポジウム「核医学検査装置の被ばく低減技術を活かすには」(14:50-16:50)

座長:工藤伸也(大分大学病院)、與儀直人(琉球大学病院)

1) 「被ばく低減のためのソリューション」 GEヘルスケア・ジャパン 吉田憲司
2) 「SPECT-CT装置における被ばく低減の取り組み(仮題)」 熊本総合病院画像診断治療センター 中西健介
3) 「撮像条件の選択肢拡張への取り組み(仮題)」 シーメンスヘルスケア 中西 哲
4) 「PET 検査における被ばく管理・被ばく低減(仮題)」 九州大学病院放射線部 筒井悠治
5) 「Philips Vereos PETCT における被ばく低減技術」 フィリップス・ジャパン 新山大樹
6) 「Vereos PETCT における当院の現状と被ばく低減に関する展望」 熊本大学病院放射線部 四辻瑶平
7) 「GCA-9300R による被ばく低減への取り組み 原理編」 キヤノンメディカルシステムズ 高階慶人
8) 「GCA-9300R による被ばく低減への取り組み 実践編(仮題)」 済生会熊本病院放射線部 井上淑博


Ⅲ. 特別講演 (17:00-18:00) 座長:中村祐也(熊本大学病院放射線部)

「心筋シンチグラフィ検査における患者被ばくと従事者被ばく」

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 医療技術科学分野医用物理工学講座
教授 福地一樹 先生

*終了後、情報交換会を予定しております。


会場および駐⾞場のご案内
会場︓熊本⼤学病院 東病棟12階多⽬的ホール
施設内⼊⼝は,病棟と中央診療棟の間に位置する時間外・お⾒舞⼊⼝のみとなります.
駐⾞場は,病院施設内(本荘北地区)の各駐⾞場をご利⽤下さい.
特に施設内⼊⼝に近い第⼆⽴体駐⾞場または平置き駐⾞場への駐⾞がおすすめです.
会場受付にて,当⽇から2⽇間有効(2⽉1⽇-2⽇)な精算券をお渡し致します.
病院敷地内および施設内は全⾯禁煙です.(喫煙所はありません)
また,院内にはコンビニエンスストア/売店があります.

第1回九州核医学コミュニティ案内(PDF)

第1回九州核医学コミュニティ 案内ポスター(PDF)


九州循環器撮影研究会 第75回研究会ご案内

下記の通り,第75 回研究会を開催いたします.


日時:令和2 年 1 月 25 日(土) 14:00 17:15
場所:九州大学病院ウェストウィング 臨床大講堂(旧病院 5F)
会場整理費  1000 円


14:00  開会挨拶
14:05~14:50 基礎講演
『頭頚部領域の血管造影について 』
長崎大学病院 医療技術部 診療放射線部門 西川 公英 様


14:50~15:20 話題提供
『頭部血管内治療のデバイスの基礎と最新情報 』
日本ストライカージャパン株式会社 木村 敏朗 様


15:30~16:15 教育講演
『血管撮影領域における線量測定の基礎とデータ活用について 』
鹿児島大学病院 臨床技術部 放射線部門 川原 浩 様

16:15~17:00 フリーディスカッション
『カテ室 造影室 における診療放射線技師の役割 ~納得できる仕事していますか?~』


17:00~17:15 トピックス
【情報懇親会のご案内 】
第75 回の節目の研究会を記念して ,研究会終了後に情報 交換会を企画しました
参加ご希望の方は下記メールアドレスへ1月18 日までにご連絡お願いします
場所:九州
大学病院 近く 時間 18 時 開始, 会費 4000 円(予定)


九州循環器撮影研究会ホームページ
http://kyushusocietyofcirculatorytech.kenkyuukai.jp/information/
悪天候による中止の場合はホームページでお知らせします.
情報交換会申し込み先・問い合わせ先(事務局 宮崎)
kyushusocietyofcirculatorytech@gmail.com

 

第75回九州循環器撮影研究会


令和元年11 月 吉日

 

放射線画像情報システム研究会
代表世話人 池田 龍二

 

「第25 回放射線画像情報システム研究会」開催のお知らせ

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたびは、「第25 回放射線画像情報システム研究会」開催のお知らせをさせていただきます。
「読影環境とセキュリティ対策」をテーマとして開催致します。詳細につきましては別紙をご参照ください。
今回の研究会では体験型の企画も準備しております。興味を持っていただけるように内容を準備しておりますので、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。研究会の参加登録は不要となっております。情報交換会にもご参加をいただける際は、お手数ですが、下記のお申込み先へメールにてお申込み下さい。

 

敬具

 

― 記 ―

 

日 時 令和元年12 月14 日(土)13 時00 分~18 時00 分(受付開始12 時30 分)
会 場 熊本大学病院 東病棟12 階 多目的ホール
.   熊本県熊本市中央区本荘1-1-1

講 演
1.読影環境 (13:05-14:30)
.  「熊本大学病院におけるモニタ品質管理-6 年間の取り組み-」
.                  熊本大学病院 土井 康寛
.  「既読管理システムの導入事例」
.                  福岡大学病院 松島 昌敏
.  「医用画像参照におけるファインビューテクノロジー活用について」
.            株式会社ソアーシステム 五十嵐 雅行
2.休憩・機器展示(14:30-15:00)
3.セキュリティ対策 (15:00-17:40)
.  「サイバーセキュリティとBCP」
.            トレンドマイクロ株式会社 松山 征嗣
.  「インシデント対応ボードゲーム体験会」
.            トレンドマイクロ株式会社 松山 征嗣
4.ディスカッション (17:40-18:00)

.

資 料 代 1,000 円
医療情報技師ポイント:1 ポイント(19-105)
医用画像情報専門技師更新ポイント:2 ポイント(K19-046)
医療画像情報精度管理士更新カウント:10 カウント(3123)

 

放射線画像情報システム研究会HP http://rmiis.kenkyuukai.jp/
.              FB https://www.facebook.com/rmiis2001

 

情報交換会申込・問い合わせ先:doiyasuhiro@kuh.kumamoto-u.ac.jp(土井)

 

世 話 人:柿本信二(佐賀県医療センター好生館),吉武貴康(新別府病院),阿部一之,
.    加藤伸一(福岡大学筑紫病院),土井康寛(熊本大学病院),松原隆敏(熊本大学病院),
.    若松重良(鹿児島大学病院)
主 催:放射線画像情報システム研究会
後 援:日本医用画像管理学会

 

第25 回放射線画像情報システム研究会案内(PDF)

 

プログラム(PDF)


救急撮影講習会in福岡

日時:12月8日(日)10:00~16:20
場所:九州医療センター外来棟3階講堂
受講料:5,000円
参加申し込み:日本救急撮影技師認定機構HPより(先着順定員150名予定)

http://www.jert.jp/news/index.html#Fukuoka

.

総合司会 国立病院機構別府医療センター 長岡 里江子

.
10:00-10:05

『開会の挨拶』

名古屋第二赤十字病院 JERT理事 大保 勇 理事(教育委員長)

 

<基礎知識>

.

10:05-11:05

「JATEC(ジェイエーテック)って何?

~外傷診療における画像診断の重要性~」
国立病院機構長崎医療センター高度救命救急センター長 中道 親昭 先生

 

<救急疾患の知識/撮影技術/画像認識/安全管理>

.

11:05-11:35

「この画像Drに言ったほうが良いかな~?

~Killer Diseaseとは~」

国立病院機構熊本医療センター 放射線科 岡原 継太 先生

.

11:35-12:05

「救急の看護師さんが怒ってる! 何で?

~外傷患者・脳出血患者の取り扱い~」
国立病院機構九州医療センター 診療看護師 前川 雄三 先生
———– 昼休憩 ———–

 

13:00-13:40

「失敗に学ぶ外傷患者の撮影のコツ

~外傷におけるヒアリハット事例や体験談~」

健和会大手町病院 放射線部 放射線技術科 片野田 光洋 先生

.

13:40-14:20

「内因性疾患について理解しよう!

~PE・解離・急性腹症って何?~」

久留米大学病院 画像診断センター 中村 忍 先生

.

14:30-15:10

「脳卒中? rt-PAって何?

~頭部CTについて考えよう!~」
小倉記念病院 放射線技師部 松崎 静信 先生

 

<救急画像診断>

.

15:15-16:15

「救急画像診断

~救急の検査、放射線科医はここを読む!~ 」

国立病院機構九州医療センター 放射線科医 甲斐 亮三 先生

.

16:15-16:20

『閉会の挨拶』
川崎医科大学附属病院 JERT 黒住 晃 理事(教育担当)


第12回3D PACS研究会

テーマ:エバンジェリストに学ぶ最新情報

 

事前参加登録参加申込URL
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a698cc92469574

.

日時:2019年12月15日(日) 9:15~16:15(開場・受付開始 8:45)
参加費:1,000円(学生:500円)
http://3dpacs.kenkyuukai.jp/event/event_detail.asp?id=36165

 

セッションⅠ
. モーニングセミナー(内容検討中)

.

セッションⅡ
. 医療放射線の適正管理体制の構築 -医療法施行規則一部改正への対応-

                国立病院機構東埼玉病院 武田 聡司

.

セッションⅢ MRIセッション
. 1)「心臓MRI撮像 ここがポイント」

.       国立病院機構宮城 立石 敏樹
. 2)「K-SPACEシェアリングのアーチファクトを考える」

.       新潟大学医歯学総合病院 金沢 勉
. 3)「IMPROVEMENT OF DWI AND 3D-STIR ON 3T」

.       熊本大学病院 森田 康祐

.

セッションⅣ ランチョンセミナー
. 心電図の読み方

.

セッションⅤ
. 線量管理システム「ウチのシステムはここが特徴!」

.

セッションⅥ CTセッション
. 1)「多様化するCT装置~高精細CT・面検出器をどう使いこなす?~」

.              滋賀医科大学医学部附属病院 牛尾 哲敏
. 2)「明解!明日から使えるDUAL ENERGY CTの臨床応用とピットフォール」

.              済生会川口総合病院 富田 博信
. 3)「高速KVSWITCHINGによるDUAL ENERGY CTの活用」

.              北里研究所病院 小林 隆幸

.

セッションⅦ 特別講演
. 「人工知能・機械学習の基本と臨床応用」

.              熊本大学病院 画像診断治療科 講師 中浦 猛

.

第12回3D PACS研究会(PDF)


お問い合わせ

ページトップ